*

響板交換

DSC00681
響板交換です。
この様に、響板をなってます。多分この様な場面は見た事がないと思います。
響板は日本では、中々出来ない部分です。
スタンウェイは、交換が出来る様に設計されているので交換しても良い音が出ます。
響板はカナダ製の木を使ってます。原材料だけで30万するのでかなり高価な物ですね。

関連記事

ドイツ ベヒシュタイン研修日記①

ドイツ ベヒシュタイン研修日記①6月にドイツにあるベヒシュタイン社の工場で調律、整音研修を行なってき

記事を読む

ヤマハ C3 弦交換

ヤマハ C3弦交換  今回、40年経ったヤマハ C3の弦高です。 やはり40年経ったものでは

記事を読む

隠れた名器 シュベスター 日本手工業ピアノ

隠れた名器 珍物 シュベスターが入ってきました。 日本の手工業ピアノです! やはりモノつくり

記事を読む

浜松 東洋ピアノ(アポロ)に行ってきました!

浜松 東洋ピアノ(アポロ)に行ってきました! 浜松にある東洋ピアノに行ってきました。 その中に珍

記事を読む

アップライトピアノフレーム上げ

アップライトピアノ フレーム上げオーバーホール今、フレームを、あげて駒ピン交換もしております。 古

記事を読む

tokyopiano_info

reserve

kanbe

アップライトピアノ バットスプリングコード交換

アップライトピアノバットスプリングコード交換ヤマハのアップライトピアノ

グランドピアノハンマー交換

ピアノハンマー交換イースタインのハンマー交換です! 東京 ピ

小山台会館ホール

小山台会館ホール 先日、小山台会館でのホールを調律致しました。 ヤマハ

ベヒシュタイン 新ショールームに行ってきました。

ベヒシュタイン 新ショールームに行ってきました。 先日、ベヒシュタイ

戦前ヤマハピアノ 調律

戦前ヤマハの調律 今回、戦前ヤマハの調律でした。 かなり綺麗な状態で

太陽の下で鍵盤蓋を磨いてます!

太陽の下で、鍵盤蓋を磨いてます! ヤマハG2の鍵盤を磨いてます! クリ

ヤマハG2 アーベルハンマー最高級特注ハンマー取り付け

ヤマハ アーベルハンマー 最高級特注ハンマー取り付け 東京ピアノマ

特注品アーベルハンマーが来ました。

特注品アーベルハンマーが来ました。 ドイツ、アーベル社製の特注ハンマー

ボールドウィンピアノ

ボールドウィンピアノ 東京ピアノマーケットの方に、ボールドウィンピアノ

戦前ヤマハアップライト入荷

戦前ヤマハアップライトピアノ 1931年製 (昭和5年)ヤマハです!9

アップライトピアノ響板修理

アップライトピアノ響板修理 アップライトピアノ響板修理です。 響板は、

ピアノの部分修理をしました。

今回は、ピアノの部分修理をしました。 突き板が無くなってしまってるので

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑