*

修理料金

鍵盤ブッシング交換

IMG_2321

50,000円(税抜)

鍵盤は、シーソー運動をしています。
そのシーソー運動をする際、鍵盤の下にあるフェルトがすり減ってしまうと
鍵盤がガタついてきます。その結果、弾きにくい状態になります。
その他、調律時に鍵盤裏の掃除を行わなかったりして、ホコリが溜まっている状態になると虫(ヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシなど)に喰われてしまいます。
その結果、同じように鍵盤にガタツキが出てしまいます。

 

ハンマーファイリング

\15,000(税抜)

ハンマーは弦を叩く所です。
使用頻度が高くなるとハンマーに溝がついてしまいます。
溝が深くなるとブレや雑音の原因となり、音の変化が全くなくなりギャンギャンと鳴るような音になってしまいます。
ピアノの中で最も消耗が激しい部分の一つです。
ハンマーフェルトを削り綺麗な卵型にする事で弾力を増し、本来の音となります。
調律で伺った際、その様な事になっていましたら報告致します。
※ハンマーファイリングは、非常にホコリが出る作業のため
アクションを引き上げる事をおすすめ致します。
※整音作業は含まれておりません。

ハンマー交換

UP\100,000~ GP\150,000~

ファイリングによりハンマーが最小限になった時、交換時期となります。
交換する事により音の質が変わり、思うような表現が可能になります。
特にレンナーハンマー、アーヴェルハンマーへの交換をおすすめします。
※ ハンマーメーカーにより金額が変わります。

全弦交換

\180,000~

長年使用している弦は、音の伸びと、音の華やかさなくなります。
特に、低音の音が鳴らなくなると、ピアノ全体が鳴らならなくなってしまいます。
弦交換をする事で新品の様な音になります。
※ピアノサイズ,弦メーカーにより金額が変わります。

ピアノクリーニング

アップライトピアノ\40,000~ グランドピアノ\60,000~

長年使っているピアノは、ホコリやヤニなどにより塗装面が汚れて落ちなくなるものですが、
クリーニングによりその様な汚れを落とし新品の様な輝きを取り戻します。
綺麗になる事によりピアノへの愛着がさらに増します。

別途 運送代は含まれておりません。
欠けなど塗装修理はご相談ください。

 

マフラーフェルト交換

\7,000(税込)

 

1本、弦交換

\7,000~

 

その他修理はお問合せください


公開日:
最終更新日:2020/01/12

tokyopiano_info

reserve

kanbe

アップライトピアノ バットスプリングコード交換

アップライトピアノバットスプリングコード交換ヤマハのアップライトピアノ

グランドピアノハンマー交換

ピアノハンマー交換イースタインのハンマー交換です! 東京 ピ

特注品アーベルハンマーが来ました。

特注品アーベルハンマーが来ました。 ドイツ、アーベル社製の特注ハンマー

ボールドウィンピアノ

ボールドウィンピアノ 東京ピアノマーケットの方に、ボールドウィンピアノ

戦前ヤマハアップライト入荷

戦前ヤマハアップライトピアノ 1931年製 (昭和5年)ヤマハです!9

アップライトピアノ響板修理

アップライトピアノ響板修理 アップライトピアノ響板修理です。 響板は、

ピアノの部分修理をしました。

今回は、ピアノの部分修理をしました。 突き板が無くなってしまってるので

チューニングのピンズルの修理です。

チューニングのピンズルの修理です。 一度、水に使ってしまったピアノの為

ハンマー交換ドイツ製アーベル社製

ドイツ製アーベルハンマー 今回は、ヤマハG1にアーベルハンマーナチュラ

ハンマーファイリング

ハンマーファイリング アップライトピアノ調整する際、弦溝を消します。

ピアノ外装修理

ピアノ外装修理 ラッカー塗装されたピアノ外装修理です。 パテを塗って、

長浜ホール コンサート調律

長浜ホール コンサート調律 長浜ホールでの調律です。 とても、綺麗なホ

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑